【Press release 2021-09】エビソル飲食店予約推移・2021年8月度(2021/8/2〜2021/9/5) | 【公式】ebica|レストラン・飲食店向け予約管理システム|株式会社エビソル

レストラン・飲食店向け
予約管理システム

03-4405-4042

受付時間:月〜金 9:30 – 18:30

お問合せ

新規導入のご相談

お問合せ・ご相談はこちら

お電話のでお問合せ

03-4405-4042

(月〜金 9:30 – 18:30 /土日祝・年末年始を除く)

すでに「ebica」をご利用中のお客様はこちら

ebicaカスタマーサービス

メニューを閉じる

週次予約数推移

【Press release 2021-09】エビソル飲食店予約推移・2021年8月度(2021/8/2〜2021/9/5)

プレスリリース

  • 週次予約数推移

飲食店向け予約管理システム「ebica」を運営する株式会社エビソル(本社:東京都渋谷区、代表取締役:田中 宏彰、以下、エビソル)は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止策に伴い大幅に自粛営業を余儀なくされている飲食店の厳しい状況を知っていただくことを目的に、飲食店の前年対比の予約状況(※1)を公開しております。本日は、新たに2021年8月2日〜9月5日の5週間分を更新した8月度のレポートを公開します。

8月の飲食店予約数は、前月比95%と大きな変化はないものの2019年比47%と飲食店利用は停滞続く
〜ワクチン接種前提に制限緩和の議論がされるも、コロナ禍前の水準は遠い見込み〜

<全国(1店舗あたり)><大阪(1店舗あたり)><東京(1店舗あたり)>
8月総予約数:107.6件
1日平均予約数:3.1件
(対2019年比:47%)
(対前月比:95%)
8月総予約数:118.8件
1日平均予約数:3.4件
(対2019年比:45%)
(対前月比:90%)
8月総予約数:79.2件
1日平均予約数:2.3件
(対2019年比:36%)
(対前月比:98%)

飲食店の予約推移に関する調査サマリ

<全国>飲食店における8月の総予約数・1日平均予約数は前月比95%と微減。お盆明けとなる16日週以降、週ごとに予約数が減少し、コロナ禍以前となる2019年同月比47%に。ワクチン接種を前提とした制限緩和の議論が始まっているものの、コロナ禍前の水準は依然遠い状況。

<大阪>8月2日より緊急事態宣言へと移行した大阪では、予約数が前月比90%と、全国・東京と比べ最も大きい減少幅に。1店舗あたりの週の予約数は一時30件以上あったものの、最終週は18.2件とお盆以降減少。新規感染者数が減少傾向に入った東京に比べ依然多い大阪では、9月も飲食店利用の停滞が続く見込み。

<東京>7月から4度目の宣言下にある東京では、対前月比98%で微減。週次別予約数は平均15.8件に留まり、20件に届かない状況は1月および5月と同水準。世界的なスポーツの祭典の影響も少なく、2019年同月比は36%で全国・大阪に比べて低水準が続く結果に。

■エビソル飲食店予約推移・8月度(2021/8/2〜9/5

<全国(1店舗あたり)>8月総予約数:107.6件/1日平均予約数:3.1件(対2019年比:47%、対前月比:​​95%)

 全国の飲食店1店舗あたりにおける2021年8月の総予約数は前月の113.5件から107.6件へ、1日の平均予約数は4.0件から3.1件(対前月比95%)へとわずかに減少。お盆休みや夏休み需要の影響も少なく、1日の平均予約数が3件台であった6月に逆戻りする結果となりました。

 週次の予約数を見ると、お盆明けとなる16日週以降減少傾向にあり、最終週の8月30日週では予約数が16.7件に。2021年で最も予約数の少なかったGW明けの5月10日週(16.0件)に近い水準です。コロナ禍以前となる2019年同月比では、7月が68%であったのに対して、8月は順次緊急事態宣言の対象エリアが拡大したことを背景に、47%と大きく落ち込む結果になりました。全国的にワクチン接種が少しずつ進み、飲食店利用における制限緩和の議論も始まっているものの、コロナ禍前の水準は依然遠い状況であることが伺えます。

 全国的な感染拡大を受け、「緊急事態宣言」と「まん延防止等重点措置」が適用されていない地域でも人流抑制の動きが広がっており、対象地域外の飲食業界への支援も検討が必要とされています。

<大阪(1店舗あたり)>8月総予約数:118.8件/1日平均予約数:3.4件(対2019年比:45%、対前月比:90%)

 8月2日から再び緊急事態宣言へと移行した大阪では、飲食店の1店舗あたりの総予約数は前月の131.5件から118.8件へ、1日平均予約数は4.7件から3.4件へと減少しており、対前月比90%と全国・東京に比べ最も大きい減少幅となっています。

 1店舗あたりの週の予約数は一時30件以上あったものの、最終週は18.2件とお盆以降減少しました。新規感染者数が減少傾向に入った東京に比べ依然多い大阪では、9月も飲食店利用の停滞が続く見込みです。

<東京(1店舗あたり)>8月総予約数:79.2件/1日平均予約数:2.3件(対2019年比:36%、対前月比:98%)

 7月12日から4度目の宣言下にある東京の飲食店の1店舗あたりの総予約数は、前月の80.6件から79.2件へ、1日平均予約数は2.8件から2.3件へ微減。週次別予約数は、平均15.8件に留まっています。20件台に届く週がない状況は数字上では、1月および5月と同水準です。

 2019年同月比は、40%台後半である全国・大阪に比べて東京は36%となり、世界的なスポーツの祭典の影響も少なく、低水準が続いています。4月以降、ワクチン接種率は右肩上がりではあるものの、飲食店では各足の戻りを実感できる状況とは程遠いと考えられます。

 今後もエビソルは、AIやIoTなど最新のデジタル技術を活用して、外食をもっと便利に心地よく体験していただけるよう尽力してまいります。

【調査概要・結果をご覧いただく際の注意事項】

調査期間:2019年12月30日〜2021年9月5日
調査対象:「ebica」および「グルメサイトコントローラー」をご利用の全国約4,000店舗
実施機関:株式会社エビソル

※1:予約管理システム「ebica」および「グルメサイトコントローラー」で全ての予約を一元管理している全国約4,000店舗の前年対比の予約状況
※契約店舗1店舗あたり、1週間における平均予約数を算出。
※ISO WEEKカレンダーの定義に沿って、前年同週対比となります。
※本報道発表資料に記載されている会社名および製品・サービス名は、登録商標または商標です。
※本報道発表資料に記載されている内容、製品、仕様、問い合わせ先およびその他の情報は、発表日時点のものです。これらの情報は予告なしに変更される場合があります。

本件に関するお問合せ先

株式会社エビソル 広報担当
電話:03-4405-4041
FAX:050-3156-3971
メール:info@ebisol.co.jp

ニュース一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る