「ebica」でできる飲食店のインバウンド集客 | 【公式】ebica|レストラン・飲食店向け予約管理システム

レストラン・飲食店向け
予約管理システム

03-4405-4042

受付時間:月〜金 9:30 – 18:30

お問合せ

新規導入のご相談

お問合せ・ご相談はこちら

お電話のでお問合せ

03-4405-4042

(月〜金 9:30 – 18:30 /土日祝・年末年始を除く)

すでに「ebica」をご利用中のお客様はこちら

ebicaカスタマーサービス

メニューを閉じる

「ebica」でできる飲食店のインバウンド集客

インバウンド予約需要を取り込むため、飲食店が今から準備しておくべき対策と「ebica」がお手伝いできることをご紹介します。


はじめに

日本の飲食店がインバウンド集客の準備をするにあたり、FIT(Foreign Independent Tour)と呼ばれる個人旅行者向けの対策が近年重要性を増してきました。個人旅行者(FIT)とは、個人で旅の手配をしたり旅行パッケージを予約するなどの方法で訪日する旅行者を指し、訪日外国人の8割以上を占めています。

こうした個人旅行者(FIT)は訪日旅行に慣れたリピーターが多く、スマートフォンを活用して情報収集から手配まで自ら行います。 この特長から、「個人旅行者(FIT)が分かる言葉で探せて、予約できるお店」には、大きな予約需要が生まれます。

「ebica」は各国、地域の情報サイトであるOTA(Online Travel Agent)や、Google ビジネスプロフィール(旧Google マイビジネス/以下GBP)などの情報プラットフォームと連携し、飲食店のインバウンド集客を支援しています。

本ページではインバウンド予約需要を取り込むため、飲食店が今から準備しておくべき対策と「ebica」がお手伝いできることをご紹介致します。


ポイント①
お店のホームページに
多言語対応の
予約リンクを設置

言語の違いによって生じる
予約ロスを削減

訪日外国人から予約を獲得するための第一歩として、「多言語対応の予約リンクを設置する」施策があります。

お店のホームページを整備し訪日外国人の目に留まったとしても、そこに「日本語の予約フォーム」や「電話予約」の用意しかない場合、「忙しくて電話に出られない」「言葉が通じない」といった原因で予約ロスになってしまいかねません。

お店を検索した来店意向度の高いユーザーを逃さないために、「ebica」の予約フォームは、以下の特長で訪日外国人からの予約集客をご支援します。

・英語・中国語に対応

・ 希望日時の空席は、お客様自身でカンタン検索

・ コースメニューを文章+画像で訴求

・お店は「ebica」をチェックするだけで、予約内容をすぐに確認可能

インバウンド人気店「かに道楽」様にもご利用いただくなど、豊富な支援実績

「ebica」の予約リンクはこれまで多くの企業様にご利用いただき、インバウンド集客対策のお手伝いをしてきました。

その一例がインバウンド人気店「かに道楽」様です。店舗の方からは、「予約が増えた」「タブレットで予約内容を確認できるのが便利」といったお声に加え

・ 従来予約が少なかった時間帯(15時台)の予約に厚みが出た

・ 近隣系列店舗の予約状況がひと目でわかるようになり、予約の振り分けができるところも便利

など、インバウンド集客ならではのメリットや、「ebica」の機能に対して便利とのお声を頂戴しています。

実際のインタビュー動画も是非ご覧ください↓↓


ポイント②
有力なプラットフォームや
海外OTAと連携

訪日観光客が普段から使用している
サイトで予約を受付

ここまでは「お店を検索した来店意向度の高い訪日外国人を逃さない」ために、お店のホームページを整備する施策をご説明してきました。

しかし、全ての訪日外国人がお店を検索し、ホームページまで辿り着くわけではありません。
まだお店を検索するに至らない、「お店を決める段階」の訪日外国人にアプローチするために、訪日外国人が普段から使用しているサイトで予約を受付する施策が必要になります。

以下では「ebica」で連携できるプラットフォームや海外OTAのご紹介と、連携によってできることをご説明します。

Google

欧米やオーストラリアからの観光客を中心に、「Google」はあらゆる国からの訪日外国人が利用しています。

「Google」が保有する多くの機能の中で、特に飲食店のインバウンド集客に役立つのが「Google ビジネスプロフィール」です。

「Google ビジネスプロフィール」は、お店の名前を検索したときだけでなく、Google 検索で「恵比寿」「ディナー」のように地名や業態で検索した際も上位表示されます。

「ebica」では、「Google ビジネスプロフィール」内に画像のような予約ボタンを設置し、訪日外国人が検索からスムーズに予約ができる機能を提供します。


大衆点評

「大衆点評」は、約7億人が使用する中国最大の生活情報プラットフォームで、訪日中国人の実に55%以上が利用しています。

中国から来日するFIT(個人旅行客)にとっては、普段から使用しているアプリで予約できるため、ストレスなく予約を完結できます。

・訪日外国人の1/3を占め、インバウンド集客対策をする上で欠かせない中国人観光客にアプローチ

・日本ならではの飲食体験がしたい訪日中国人に向け、特別メニューを掲載。予約増や口コミ評価アップを実現

・ネット予約ボタンを設置し、予約と在庫が一元管理できるのは「ebica」だけ!

※「ebica」は株式会社Japanticketが提供する「Japan ticket」を介して大衆点評とシステム連携しています

FunNow

「FunNow」は、購買意欲の高い台湾の若年層を中心に、150万人が利用している即時予約可能なサービスアプリです。


ユーザーの位置情報に基づきおすすめ店舗を表示する機能が特長で、リアルタイムの空席情報を掲出できる「ebica」と連携することで、「今から行きたい」という直前予約のニーズに応えることができます。

・リピート率が高く、コロナ禍後の訪日にも期待ができる台湾人観光客にアプローチ

・来店時は6桁の引換番号で対応。言語が異なる訪日観光客への接客をスムーズに

・予約ボタンを設置できるのは、日本で「ebica」だけ!

予約内容は「ebica」でかんたん確認

訪日外国人からの予約を確認するために、店舗スタッフが慣れない海外サイトをチェックする必要はありません。

「ebica」では国内グルメサイトなどから予約が入った時と同様、管理画面に予約を自動反映します。それに加え、海外OTAサイトや「Google ビジネスプロフィール」に掲載する空席情報は、「ebica」の空席情報をそのまま反映することができます。

これにより店舗スタッフは「ebica」をチェックするだけでよく、予約管理を楽に行うことができます。


ポイント③
飲食店の
インバウンド集客を
ご支援する多くの
サービス

「ebica」ではグループ会社のシステム「Japan ticket」と連携することで、飲食店のインバウンド集客対策をご支援する様々なサポートをご用意しています。

※別途申込が必要です

「翻訳」や「店舗ページ登録」など
連携開始をサポート。
正しい店舗情報を掲出

訪日外国人の来店意欲を促進するためには、店舗情報を正しく魅力的に掲載し、検索一覧でお店を見つけやすくすることが重要です。

言語の違いから困難になってしまうこれらの設定は「ebica」×「Japan ticket」にお任せください。翻訳や店舗ページ登録はもちろん

・店舗特徴・特色の記載

・メイン画像・アルバム画像登録

・ 訪日外国人向けメニューの提案やノウハウ提供

などの設定もご支援します。

事前決済への対応で、
お店のノーショー対策をご支援

海外OTA連携のコース予約については事前決済を導入しており、ノーショーのリスクが大きく軽減されます。


例えば大衆点評経由の予約の場合、ユーザーは大衆点評アプリ上で事前にコースの注文と会計を済ませて来店します。
お店のスタッフにとっては、来店時に提示されたQRコードでオーダー内容を把握できるため、オーダーや会計の業務がなくなり接客に集中できる点がメリットです。


コースの代金は「Japan ticket」を通じてお店に入金されるので、海外送金など特別な手続きも必要ありません。


導入事例のご紹介

「ebica」と海外OTAを活用し、訪日外国人からの予約をコンスタントに獲得できるようになった事例のご紹介です。

今回ご紹介する店舗について
立地:東京都内
業態:焼肉業態

取り組み

①海外OTAサイトに「ebica」ネット予約ボタンを掲載
②訪日外国人向けのメニューを開発

結果

インバウンド集客がコンスタントに貢献し、月次全体予約の約15%集客純増に成功



インバウンド予約集客の準備なら「ebica」にお任せください
ご不明点は下記フォームからお問い合わせいただけます

※一部サービスは株式会社Japanticketと共同でのご提案になることをご了承ください


ページの先頭へ戻る