Googleで予約|ebica

飲食店向け予約管理システム「ebica」を運営する株式会社エビソル(本社:東京都渋谷区、代表取締役:田中 宏彰)は、Googleが提供する「Google で予約(英語表記:Reserve With Google)」での飲食店ネット予約サービスの提供を開始したことをお知らせいたします。

「Googleで予約」からの予約を自動取込

今回のサービス提供により、ユーザーはGoogle 検索やGoogle マップにて行きたい飲食店を探し、日付や人数の入力によりお店の空席を確認の上、直接予約を行うことができるようになります。
この空席は「ebica」が提供する席在庫情報をリアルタイムに反映しており、ユーザーが「Google で予約」にて入力した予約情報は、「ebica」の適切なテーブル(※1)に自動的に登録されます。またユーザーが「Google で予約」から変更・キャンセルを行った場合も、「ebica」に登録されていた予約情報に自動反映されます。

<「Google で予約」ご利用イメージ>

(※1)予めお店が決めたルールによる自動配席が可能です。
(※)ebicaを「Google で予約」に同期させる事で費用は発生しません。
(※)ebicaをご導入頂き、ネット予約機能をご利用いただくと「Google で予約」に同期します。
*同期には「Google で予約」の仕様に合わせた設定条件を満たす必要があります。(詳細は弊社サポートまでお問い合わせください)

全てのネット予約をリアルタイムで一元管理

エビソルはこれまで、飲食業界において「ebica」の普及に取り組んできました。現在、国内約15,000店舗に導入しており、中でも多くの飲食店が主要グルメサイトの空席情報を自動的に更新することができる「ebica」のサイトコントローラー機能を利用することで、ダブルブッキングの心配なく予約機会を最大化し、同時にスタッフの予約管理業務を飛躍的に効率化しています。
そのため「ebica」利用飲食店のネット予約は全予約の5割を越える勢いで伸びていますが、「Google で予約」の飲食店ネット予約サービスの提供により、利用飲食店のネット予約機会はさらに拡大され、集客力を高めることができるようになります。

当日予約も「Google で予約」

「ebica」は各種POSシステム等との連携により、予約なしで来店するお客様情報を自動登録する機能も備えています。そのため飲食店は常に最新の席在庫情報を「ebica」にて管理することができるため、「Google で予約」にて15分後の空席情報を公開することにより、Google マップで「これから入れる近隣のお店」を探すユーザーへの訴求なども期待できます。
訪日客ユーザーや日本在住外国人ユーザーによる利用も見込まれる「Google で予約」は、国内飲食店の集客機会のますますの多様化を予想させます。エビソルはパートナー会社がお持ちのサービス、またAIやIoTなど新しい技術と組合せながら、スタッフの予約管理業務負荷を最小化しつつ、飲食店の集客力向上と最適化の実現に引続き挑戦してまいります。

<本件に関するお問合せ先>

株式会社エビソル 広報担当:今西(イマニシ)
電 話:03-4405-4041 / FAX:050-3156-3971 / メール:info@ebisol.co.jp

お問合せ