ツイッターやインスタグラムなど、SNSを使った集客を⾏う飲⾷店は増加しています。SNSは多くのユーザーがつながることができるため、集客ツールとしては優秀です。しかし、初めて利⽤する場合、使い⽅や集客⽅法などがわからず、困惑するお店もあります。

そこで今回は、SNSを使った集客⽅法や予約導線の確保などに関して紹介します。

飲⾷店の集客に効果的なSNSとは

 飲⾷店はインスタグラムを活⽤することで、効果的な集客が⾒込めます。SNSを使った集客には、お店自ら雰囲気やメニューが伝わる内容を投稿する、ユーザーに情報を拡散してもらうなどの⽅法があります。

どちらの⽅法でも重要なのは、写真を使って視覚的にお店の魅⼒を伝えることです。アピールするためのコメントと写真をセットで発信できれば、より具体的にお店の魅⼒を伝えられます。インスタグラムは写真の投稿がメインのSNSであるほか、ハッシュタグを利⽤するとより多くのユーザーに拡散できます。さらに、インスタグラムには写真を編集できる機能が豊富に揃っているため、投稿する写真をより魅⼒的に⾒せることも可能です。 また、インスタグラムは⻑い⽂章を投稿する必要がありません。投稿にかかる時間的なコストを抑えられ、1日に複数回投稿しても大きな手間がかからずに済みます。

SNSを使った集客のポイント

 SNSを使った集客を⾏う場合、まずは1つのSNSに絞って投稿を続けましょう。複数のSNSを利⽤すると、投稿するだけでも多くの時間と手間がかかってしまい、通常業務に影響が出る恐れもあります。場合によっては毎日投稿できなくなり、お店の情報を伝えられないこともあるので、SNSは1つに絞ることが大切です。ただし、インスタグラムとFacebookは同時に投稿ができるので、この連携機能は上手に利用して効率的な運用をしましょう。

一方、ツイッターやLINEなど複数のSNSを利⽤するのは、別で投稿が必要ですので、集客がうまくいって、定期的な投稿に慣れてからにしましょう。また、投稿する内容に共感性を持たせることも重要です。

投稿に共感してもらうことで、お店自体に興味を持ってもらう効果に期待できます。例えば、オーナーや店⻑がお店に対して抱いている気持ちや、お客さんからもらった嬉しい⾔葉などの内容は人間味があり、共感してもらいやすくなります。次の投稿に興味を持ってもらえる内容を心がけることがポイントです。(実際に、大手チェーン店や有名店の人間味溢れる投稿が多くのユーザーに拡散されている例も多くあります)

予約導線とは?確保する方法も解説

 SNS集客における予約導線というのは、お店が投稿した情報から予約フォームや電話番号など予約可能な行動へつながる道筋のことです。

宣伝を毎日続けていても、ユーザーがどこから予約すればいいのかわからなければ、集客(具体的な来店行動)にはつながりません。そのため、SNSのプロフィール欄に電話番号を掲載する、お店のHPへつながるURLを掲載するなどの予約導線を確保することが大切です。

可能であれば、投稿した情報の中にも、これらの導線をつなげておきましょう。興味を持ったユーザーがすぐに予約に繋がる可能性があります。

SNSの集客では分析も重要

 SNSの分析ツールを利⽤すると、お店のSNSアカウントにアクセスしたユーザーのデータを確認可能です。SNSの種類によっても異なりますが、このデータにはユーザーの属性(性別や年齢、居住地など)が含まれている場合があります。このデータを分析することにより、どのようなユーザーがお店に興味を持ってくれているのかを把握できます。このような客観的なデータを使って、新規ユーザー獲得の戦略⽴案や、情報を発信すべきターゲットを絞りましょう。

例えば、20代⼥性が中心にアクセスしている場合、ヘルシー・可愛い・インスタ映えなど興味のありそうなテーマの情報を発信すると、いいね!をもらいやすくなります。
いいね!を予約へ繋げる ためにも、たくさん いいね!をもらいましょう。

また、時間帯にも注目して、ユーザーが最も多くアクセスする時間も分析しましょう。時間帯を分析できれば、投稿するタイミングをアクセスが集中する時間帯へピンポイントに合わせられます。これにより効率的なSNSの運⽤につながると思います。

SNSは特徴を理解して活⽤しよう!

 SNSは種類ごとに違った特徴があり、その特徴を活かすことで効果的な集客を狙えます。ただし、特徴を活かして投稿を続けていても、その内容がユーザーにマッチしていなければ意味がありません。

どんな投稿が予約に繋がるのか追いかけ、ユーザーの分析を⾏いつつ、予約導線を確保するなど、⼯夫を凝らしながらSNSを活⽤することが重要です。
分析をまとめて次の投稿へ活かすためにも ほかの飲⾷店も参考にしつつ、積極的にSNSで集客を⾏ってみましょう。