飲食店でウェブサイトからの予約数を上げるためには、どのような施策が必要なのでしょうか。

まずは、予約システムを導入するメリットと問題点を理解した上で、改善施策を考えてみるといいでしょう。

飲食店の予約率を上げるためにはウェブサイトのSEO対策が必要で、「ユーザビリティ」「導線」を意識することが重要です。

ここでは予約数を上げるための改善施策についてご説明いたします。

ウェブサイトで予約システムを導入するメリットと問題点とは?

飲食店がウェブサイトでの予約システムを導入することで、予約の管理がしやすくなり、作業の効率化が図れます。

当日までの予約が管理できていれば、おおまかな来店人数が分かり、準備する食材も把握しやすいです。電話予約の場合、営業時間内しか予約の電話は取れませんが、インターネット予約は24時間365日対応しているのはメリットでしょう。

ただし、インターネット予約は簡単にキャンセルができ、無断キャンセルの被害にもあいやすくなります。
よって、キャンセルを受け付ける期限や無断キャンセルにおけるペナルティを明確にしておくことが必要です。
また、ウェブサイトを頻繁に更新し、最新情報を提供するといいでしょう。

ウェブサイトへの集客を上げるためには、ユーザビリティを考慮する!

ウェブサイトからの予約数を上げるためには、SEO対策をしてサイトへの集客を強化するといいでしょう。
SEO対策では、特にユーザビリティを意識することが大切。

ユーザビリティとは、ユーザーの「使いやすさ」を指していて、ウェブサイトの見やすさや予約のしやすさが関係しています。例えば、モバイル端末を使って予約をするためには、予約フォームはモバイルに対応しなくてはなりません。
スマートフォンなどで見た時に文字が小さくなってしまうと、予約せずにサイトから離れてしまう人もいるのです。

また、見やすい位置に営業情報や地図を掲載すると、来店する時のイメージがしやすくなります。

ユーザビリティの改善施策としては、ページ速度やモバイル対応などを確認してみるといいでしょう。


その後、ウェブサイトを見た人の滞在時間や直帰率を測ります。結果を分析しながら、ウェブサイトの見やすさや使いやすさを確認してみるといいのです。また、ユーザビリティを良くするためには、充実したコンテンツも重要になります。飲食店の場合、多くのメニューを紹介すると、お客さんが食べたいという気持ちを起こせるでしょう。


食材の特産地や料理のこだわりに関するコラムなどを掲載し、多くの人が興味を持てる内容を入れておくことも大切です。

ウェブサイトへは、どのような導線でくるかを把握する!

ウェブサイトへどのような導線で集客したかを把握し、多い導線を強化することも大切です。

一般的にウェブサイトを見るためには、インターネット検索やSNS・広告・直接流入などがあります。

インターネット検索とは、ユーザーがキーワードを入力した後に表示されたサイトを見る方法です。SEO対策をしっかり行うことで、検索順位は高くなり、上位表示されやすくなります。

上位表示されるための条件とは、「ウェブサイトへの訪問者数が多い」「充実したコンテンツ」です。よって、ウェブサイトのコンテンツを意識し、しっかりと内容を強化するといいでしょう。

SNSを上手に活用することで、知らない間に情報共有や拡散がされ、ウェブサイトを見る人が増えます。

SNSで話題になるためには、美味しそうな料理の写真や特典を掲載するといいでしょう。インターネット広告やテレビコマーシャルで宣伝をして、ウェブサイトへ訪問してもらうのも一つの手段です。

ただし、広告を出すための費用がかかるため、費用対効果を測りながら実行していきます。

直接流入とは、何度も見ている人が「お気に入り」「ブックマーク」を使ってウェブサイトへ訪問する方法です。導線の状況を把握するためには、確認するためのシステムを使うこともできますが、お客様アンケートなどを利用して直接聞いてみてもいいでしょう。

ウェブサイトのSEO対策も意識して予約数を上げよう!

予約数を上げるためには、多くの人にウェブサイトを見てもらわなければなりません。よって、検索した時に上位表示されたり、SNSからの訪問者数を上げたりすることが大切です。

また、ウェブサイトを見た人の使いやすさを意識しないと、すぐに離れてしまいます。そのためには、「ユーザビリティを意識すること」「多い導線を強化すること」を改善施策にしてみるといいでしょう。