飲食店向け予約管理システム「ebica」を運営する株式会社エビソル(本社:東京都渋谷区、代表取締役:田中 宏彰、以下、エビソル)は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止策に伴い大幅に自粛営業を余儀なくされている飲食店の厳しい状況を知っていただくことを目的に、飲食店の前年対比の予約状況(※1)を週次で公開しております。

10都府県に緊急事態宣言の延長が発表された
2月第1週の平均予約件数は年明け最低となる20件/週

<全国>2月1日週<大阪>2月1日週<東京>2月1日週
対前年比:43%
(前週比:▲6%)
対前年比:44%
(前週比:▲6%)
対前年比:32%
(前週比:▲2%)

●当初、2度目の緊急事態宣言の期間とされていた2月7日までの全国の飲食店1店舗当たりの平均予約件数は、20件/週で前週比▲6%と減少に歯止めがかからない結果に。週間の平均予約件数としては年明け最低。10都府県では宣言の延長がなされ、8日に宣言が解除された栃木県でも飲食店の時短要請を2週間継続し、段階的な緩和を図る意向で全国的な回復には少なくとも数週間以上の時間を要すると推測される。

●エリア別では、東京都内の人出は緊急事態宣言が発令されて最初の週末だった1月10日と比較して2月第1週の週末は増加しているものの、飲食店の平均予約件数は15件/週と代わり映えがなく、飲食店にとっては人出の増加を実感できない状況。

【調査概要・結果をご覧いただく際の注意事項】
調査期間:2019年12月30日〜2021年2月7日
調査対象:「ebica」および「グルメサイトコントローラー」をご利用の全国約4,000店舗
実施機関:株式会社エビソル

※1:予約管理システム「ebica」および「グルメサイトコントローラー」で全ての予約を一元管理している全国約4,000店舗の前年対比の予約状況
※契約店舗1店舗あたり、1週間における平均予約数を算出。
※ISO WEEKカレンダーの定義に沿って、前年同週対比となります。
※本報道発表資料に記載されている会社名および製品・サービス名は、登録商標または商標です。
※本報道発表資料に記載されている内容、製品、仕様、問い合わせ先およびその他の情報は、発表日時点のものです。これらの情報は予告なしに変更される場合があります。

*上記データに関する詳細やエリア別データをご要望の際は、下記問い合わせフォームにてご連絡くださいませ。

<本件に関するお問合せ先>

株式会社エビソル 広報担当
電話:03-4405-4041
FAX:050-3156-3971
メール:info@ebisol.co.jp

お問合せ