これだけはやっておきたい!新規オープンする飲食店の集客対策 | 【公式】ebica|レストラン・飲食店向け予約管理システム|エビソル

レストラン・飲食店向け
予約管理システム

03-4405-4042

受付時間:月〜金 9:30 – 18:30

お問合せ

新規導入のご相談

お問合せ・ご相談はこちら

お電話のでお問合せ

03-4405-4042

(月〜金 9:30 – 18:30 /土日祝・年末年始を除く)

すでに「ebica」をご利用中のお客様はこちら

ebicaカスタマーサービス

メニューを閉じる

集客支援コラム

これだけはやっておきたい!新規オープンする飲食店の集客対策

集客支援コラム

  • ネット予約
  • 店舗運営
  • 新規開店
ebica

この記事の目次

・初動が大事!オープン準備で検討すべきこと
・効果的な告知を実施する
・来店を促すための仕掛けを行う
・オープン前予約受付のコツ

初動が大事!オープン準備で検討すべきこと

資金準備、不動産契約、工事、メニュー作成、仕入先の選定など、新店オープン時にやるべきことは盛りだくさん。特にすでに既存店を運営されている場合、既存店の仕事にタスクがプラスされ、オーナーさんは多忙を極めますよね。なんとか全てを終えて、いざオープン!しかし、何もせずにお客様が来店することはほとんどありません。忙しさの中で集客対策が後手になり、肝心のお客さまがいない…という状況はなんとか避けたいものです。そこで、オープンする際に慌てないための、集客対策について考えます。

効果的な告知を実施する

まずはお店がオープンすることを知ってもらわなくては始まりません。しかし一言で告知といっても、実際にはお店ごとに状況は異なります。どのようなPRを実施するべきか、お店をとりまく状況ごとに確認してみましょう。

系列既存店がある場合

すでに系列店がある場合は、既存店のお客さまに新店をPRしましょう。店内ではもちろん、お店ホームページやFacebookなどのSNSにて告知することも有効です。

出店するエリア自体に潜在顧客が多い場合

出店エリアに潜在顧客が多い場合は、そのエリアの集客力を活用しましょう。そのエリアに来ている人(来る予定の人)にお店を知ってもらうことが重要です。タウン情報サイトに掲載したり、人通りのある路上で告知(ビラまきなど)したりという活動も視野にいれましょう。

ターゲット顧客がはっきりしている場合

「客単価が高い」など、利用シーンや顧客層に特徴がある場合は、そのターゲット層に届くようPRすることが重要です。高所得層を集客したいのであれば、高所得層をユーザーとしてかかえるグルメサイトへ掲載するというように、狙った層にアプローチできる手法を探りましょう。

いずれにも当てはまらない場合

より広範囲にPRを行わなければなりません。例えばユーザー数の多いグルメサイトを活用したり、「お友達紹介キャンペーン」のように口コミで広まる施策を実施することが必要です。

それぞれの状況にあった施策をオープン前から検討し、素早くスタートできるよう準備しましょう。

来店を促すための仕掛けを行う

一般的に、消費者の行動は次の4つに分類できると言われています。

認知 → 興味 → 欲求 → 行動

このうちお店の告知フェーズは、「認知」と「興味」を喚起することを目的としています。それができたら、次は「欲求」と「行動」というように、実際に来店していただくことを考えます。

1.認知
オープン前、お店の前を通りかかった人が「何ができるんだろう?」と気になって立ち止まる
2.興味
ドアに貼ってあるオープンチラシを見て「イタリアンがオープンするんだ!」と興味をもつ
3.欲求
一緒に置いてあるオープン記念クーポンを見て「お得に利用できる期間に行ってみたい!」とかりたてられる
4.行動
オープン日に来店する

しかし、この流れのようにスムーズにいかないのが現実です。近くのオープン店の看板をみて「行ってみたい」と思うことはよくありますが、これが実際の行動に結びつくかどうかは別問題。その時は「行ってみたい」と思っても、オープン日が近くにつれ記憶から消えていってしまうものです。来店に結びつけるための仕掛けはどのようにすればいいのでしょうか。

比較的低単価で利用頻度が高い業態の場合

消費者にとっても来店イメージが湧きやすいのは、この業態です。そのような業態であれば、オープンから使える期間限定クーポンなど用意することで、消費者の行動喚起をわりとスムーズに行うことができるでしょう。

比較的利用頻度が低い業態の場合

難しいのは、「そのうち行ってみよう」カテゴリーに分類される、比較的利用頻度が低いお店です。このようなお店にもっとも有効な「仕掛け」は、「そのうち」を具体的なスケジュールに落としこんでしまうこと。つまり、オープン前から予約受付を可能にしておくことです。

実際の来店日はまだ先だけれど、「認知」と「興味」を喚起できた段階で、すぐに予約という「行動」に結びつけることができれば、着実に来店を促すことができます。”オープン記念クーポン”などの「欲求」喚起施策を絡ませることで、より効果を高めることが可能となります。

オープン前予約受付のコツ

「まだお店もオープンしていないのに、予約受付はどうやればいいの?」という課題をお持ちのオーナー様には、「自店ホームページの開設」と「予約台帳の導入」をおすすめします。

「電話予約できるようにすれば十分」と思われる方も多いと思いますが、予約受付をスタートさせるタイミングはオープン準備中。お店の電話番号の用意が間にあわないこともあれば、四六時中電話番をするのは現実的ではありません。カンタンに用意できて、かつ手間のかからないウェブ予約が断然おすすめです。

すでに予約台帳&店舗ホームページが用意できている場合は、すぐに予約フォームの設定&ホームページへのフォーム設置を進めましょう。その後、ホームページや予約フォームのQRコードを取得し、オープンチラシ等に印刷してください。それだけで予約という「行動」を促すことにつながります。QRコードは、ほとんどの場合無料でインターネット上で簡単に作成できます。

まだ予約台帳やホームページを用意していない場合は、ぜひ検討してみてください。ついつい後手にまわってしまいがちですが、ここで準備をしておくかどうかが、オープン後の集客を大きく左右します。

新規オープンにおすすめな機能


オープン前の予約受けをスムーズにする
「ebica」機能について、お気軽にお問合せください


コラム一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る