無料なのに飲食店集客に圧倒的効果!オンラインマップ検索で自店を上位表示させる「ローカルSEO」とは | 【公式】ebica|レストラン・飲食店向け予約管理システム|株式会社エビソル

レストラン・飲食店向け
予約管理システム

03-4405-4042

受付時間:月〜金 9:30 – 18:30

お問合せ

新規導入のご相談

お問合せ・ご相談はこちら

お電話のでお問合せ

03-4405-4042

(月〜金 9:30 – 18:30 /土日祝・年末年始を除く)

すでに「ebica」をご利用中のお客様はこちら

ebicaカスタマーサービス

メニューを閉じる

集客支援コラム

無料なのに飲食店集客に圧倒的効果!オンラインマップ検索で自店を上位表示させる「ローカルSEO」とは

集客支援コラム

  • WEBマーケティング
  • ネット予約
  • 集客力アップ

「ローカルSEO」と聞いて、なんだかよくわからないし、うちの店はIT化していないから無縁だと思ってしまうのは早計です。今や飲食店を運営する上で欠かせないのが「ローカルSEO」です。

この記事の目次

・「ローカルSEO」とは?
・集客する際に重要度が高まってきている「ローカルパック」
・「ローカルSEO」を行うには
・「ローカルパック」で上位表示されるには
・露出度アップが叶う「ナレッジパネル」
・予約フォームをつけておくことも重要

「ローカルSEO」とは?

「ローカルSEO」とは、特定の地域の中の検索結果で上位表示を狙うことです。主にGoogle Mapの地図エンジンにおいて最適化を目指す施策を指します。
今まで、ウェブ上で店舗の情報がなるべく上位に表示されるようにSEO施策を行ってきたお店は多くあるかと思いますが、そのSEO施策の地図版が「ローカルSEO」といえます。

集客する際に重要度が高まってきている「ローカルパック」

たとえば、恵比寿にいて「ちょっとランチをとりたいな」と思った際に、「恵比寿 ランチ」とGoogleの検索窓に入力してお店を検索したことはないでしょうか?
検索した際に、検索結果の一番最初に表示されるお店のMapとリスト。これが「ローカルパック」と呼ばれているものです。「ローカルSEO」を行った結果、表示されるものですが、
このマップ検索から店舗情報へアクセスするユーザーが今、とても増加しています。

何千、何万とあるお店の中から、自店を見つけてもらうのはなかなか至難のワザですが、「ローカルSEO」を最適化することで、ユーザーが検索する商圏内の実店舗だけが「ローカルパック」に表示されるため、ユーザーの目に止まりやすくなるという利点があります。
しかも、SEO結果よりも上位に表示されることが多いため、格段に視認性が高まり集客を期待できるのです。

「ローカルSEO」を行うには

必要になるのは、Google マイビジネスへの登録です。

登録する際は、ビジネス名や住所などの店舗情報をしっかり記入しましょう。
Google マイビジネスの情報を最適化・充実させることで、集客をより見込めるようになります。
また、SEOで異なるお店と認識されないよう、店舗名、住所、電話番号の表記を、グルメサイトやオウンドメディアに表記されているものと統一させることも重要です。

「ローカルパック」で上位表示されるには

「ローカルSEO」を行う上で、「ローカルパック」での上位表示を目指すことになりますが、上位表示されるためのポイントは、主に

  • 検索キーワードとの関連性
  • 検索される場所と店舗との距離
  • 店舗の知名度

と言われています。
そのため、
ターゲットとなるお客様が検索すると思われるキーワードの情報をきちんと盛り込むこと
が重要になります。

また、クチコミもローカルパックで上位表示されるために大切です。ユーザーの検索した地点がお店から離れていたとしても、関連度の高い店舗情報として検索結果に表示される確率が高くなり、結果的に集客に結びつけることが可能となります。

露出度アップが叶う「ナレッジパネル」

Google マイビジネスへ登録することで、「ローカルパック」へ表示される可能性が高まるばかりでなく、認証申請すれば「ナレッジパネル」にも表示されることになります。「ナレッジパネル」とは、店舗名、会社名など、検索キーワードが固有名詞のときにGoogleの検索結果の右上に表示されるものです。

ナレッジパネル
ナレッジパネル

たとえば、「エビカカフェ」と検索した際、店舗名や会社名が一致することで表示されます。営業時間や住所、口コミ、お店の概要などを一目で確認できるので、お店のアピールを自然と行うことができるようになり、集客効果を高めます。

予約フォームをつけておくことも重要

「ローカルパック」や「ナレッジパネル」から店舗情報を確認したユーザーの集客を確実なものとするために、店舗情報に予約機能をつけておくことも重要なポイントです。

Googleの予約機能である「Google で予約」をGoogle マイビジネスの店舗情報につけておけば、ユーザーはGoogle 検索やGoogle マップで行きたい飲食店を探し、そこから直接予約を行うことができるようになります。
さらに、「Google で予約」とお店の空席情報を連携させることができる予約台帳を利用することで、お店の最新の空席情報が「Google で予約」に反映され、ユーザーが空席をリアルタイムで確認することが可能となり、よりユーザーの利便性が高まり集客アップにつなげることができます。

なお、マップ検索での上位表示には、公式サイトなどのオウンドメディアのSEO評価も関係があるといわれています。「ローカルSEO」とともに、通常のSEOについても対策を行うことをおすすめします。

この記事に関連の「ebica」の機能


「ebica」の機能について、お気軽にお問合せください


コラム一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る