Web予約システム利用規約(Googleで予約)

本Web予約システム利用規約(以下「本規約」といいます)は、株式会社エビソル(以下「エビソル」といいます)が提供する飲食店等予約システム(以下「本システム」といいます)の利用に関して定めたものです。 本システムにより予約を行う方(以下「利用者」といいます)は、予約確定時点で本規約に同意したものとみなします。なお、利用者が未成年者である場合は、親権者などの法定代理人の同意を得たうえで本システムをご利用ください。

第1条(適用範囲)

本規約は、本システムを利用する日本国内の全ての利用者に適用します。

第2条(利用者および飲食店等との関係)

1.本システムの利用者と飲食店等(以下「本飲食店等」といいます)との取引及び交渉は、全て利用者と本飲食店等との間で行われるものとし、エビソルは、予約、予約のキャンセル、代金の支払い等の、利用者と飲食店等との間の関係について一切の責任を負わないものとします。

2.利用者は、本システムを通じて本飲食店等への予約を行った後に予約のキャンセルまたは変更を行う場合は、本システムまたはエビソル提携先のサービスを通じて、または直接当該本飲食店等に連絡することにより、キャンセルまたは変更手続を行うものとします。この場合、当該本飲食店等の定める規定により発生するキャンセル料金または変更料金等は、直接利用者が当該本飲食店等に対して支払うものとします。本システムからキャンセルまたは変更の手続ができる期限は、本飲食店等により異なり、期限日以降は、利用者が直接本飲食店等へキャンセルまたは変更の通知を行うものとします。その他、キャンセル料金または変更料金に関する取り決めは、当該本飲食店等の定める規定によるものとし、エビソルは一切関与しません。

3.利用者は、本システムの利用にあたり、以下の点にあらかじめ同意するものとします。
(1)本システムにおける本飲食店等の空席状況・料金等は、当該本飲食店等が他で提供する情報と異なる場合があります。
(2)本飲食店等に関する情報の提供は、本飲食店等の責任において当該本飲食店等が直接行うものであり、提供された情報については、その真実性、最新性、確実性等を保証せず、エビソルは一切その責任を負いません。
(3)利用者は、本飲食店の飲食サービスに関する問合せ、予約内容の確認、要望等を、本飲食店に対して直接行うものとします。
(4)エビソルは、本飲食店等が提供する飲食サービスの安全性、品質、正確性、信頼性、誠実性、合法性について保証せず、当該サービスに関し一切責任を負いません。
(5)エビソルは、利用者が本規約に違反するとエビソルが判断した場合、本飲食店等からの依頼に基づき、その予約を無効とすることができるものとします。

第3条(本システムの中止・中断・変更・終了)

1.エビソルは、以下の各号に該当する場合、事前の通知なく本システムの提供を中止または中断することができるものとします。この場合、本システムの運営の中止または中断により利用者に発生した損害については、エビソルは一切責任を負わないものとします。
(1)本システムの保守を定期的または緊急に行う場合
(2)戦争、暴動、騒乱、労働争議、地震、噴火、洪水、津波、火災、停電その他の非常事態により、本システムの提供が通常通りできなくなった場合
(3)本規約に反する事実があり、エビソルが必要と判断した場合
(4)その他、エビソルが本システムの運営上、一時的な中断が必要と判断した場合

2.エビソルは、エビソルの判断により、本システムの内容を変更し、または本システムの提供を終了することができるものとします。本システムの提供を終了する場合、エビソルは利用者に事前に通知するものとします。本システムの変更または終了により利用者に発生した損害については、エビソルは一切その責任を負わないものとします。

第4条(本システム利用時の環境設定)

1. 利用者は自らの費用と責任において必要な機器・ソフトウェア・通信手段等を用意し適切に接続・操作するものとします。機器・ソフトウェア・通信手段等の環境設定が一般的でない場合、動作結果やそれがもたらす諸影響に関し、エビソルは一切責任を負わないものとします。また、OSやLAN環境、ご利用機器の事情によって本システムが正しく作動しない場合も同様とします。

2. 利用者は自己の利用環境に応じて、利用者の責任において、コンピュータウィルスの感染の防止、不正アクセス及び情報漏洩の防止等のセキュリティ対策を講じるものとします。

第5条(免責等)

1. エビソル提携先または第三者に起因するシステム障害等により、利用者が本システムを利用できない状況となった場合、本システムおよび予約内容に支障が生じたとしてもエビソルは責任を負わないものとします。

2.本システムは日本国内の利用者向けのシステムであり、エビソルは、日本国外での本システム利用に関連して利用者が被った損害について、一切の責任を負わないものとします。

3. 本システムは現状有姿で提供され、エビソルは、本システムに瑕疵(エビソルが第三者よりライセンスを受けているソフトウェアの瑕疵を含む)がないことを保証しません。本システムに瑕疵があることが判明した場合、エビソルはその修正に努めますが、本システムの瑕疵に起因して利用者に発生した損害について、エビソルは一切の責任を負わないものとします。

4.エビソルは、本システムの利用中に利用者が送信した予約内容その他のデータを安全に保存するように努めますが、本システムが利用している外部サーバーの不具合その他の理由によって、データが消失する可能性があります。これらのデータについては、利用者の責任および費用負担にてバックアップその他の保全措置をとるものとします。また、エビソルは、当該データの滅失、毀損または消失について、エビソルに故意または重過失がある場合を除いて、責任を負わないものとします。

5. 利用者は、エビソルとエビソル提携先、本飲食店等その他の第三者との提携終了、第三者のサービス内容、運用方針の変更により、本システムの全部または一部の利用ができなくなる場合があることを予め了承するものとします。エビソルは、エビソル提携先、本飲食店等その他の第三者のサービスに関連して利用者に発生した損害について、一切の責任を負わないものとします。

6. エビソルは、他の利用者、エビソル提携先、本飲食店等その他の第三者と利用者との間に生じたトラブルについて一切の責任を負わないものとします。利用者による本システムの利用に関連して、エビソルが、他の利用者、エビソル提携先、本飲食店等その他の第三者から権利侵害その他の理由により何らかの請求を受けた場合は、利用者は当該請求に基づきエビソルが当該第三者に支払を余儀なくされた金額を賠償しなければなりません。

7.利用者は、エビソルに対し損害賠償を請求する場合、当該請求が明白かつ合理的な事由により行われることを保証するものとします。

8.利用者がエビソルに対し請求できる損害賠償は、エビソルに故意または重大な過失がある場合を除いて、エビソルの責に帰すべき事由により利用者が直接被った通常の損害に関するものに限られ、かつ、1000円を上限とします。

第6条(禁止事項)

1.本システムの利用に際し、利用者は以下の行為を行ってはならないものとします。
(1)他の利用者、本飲食店等、第三者もしくはエビソルの著作権その他の権利を侵害し、または侵害するおそれのある行為
(2)他の利用者、本飲食店等、第三者もしくはエビソルの財産またはプライバシーを侵害し、または侵害するおそれのある行為
(3)上記(1)(2)の他、他の利用者、本飲食店等、第三者もしくはエビソルに不利益または損害を与え、または与えるおそれのある行為
(4)公序良俗に反する行為、またはそのおそれのある行為
(5)犯罪行為、または犯罪行為に結びつく行為、もしくはそのおそれのある行為
(6)エビソルの承諾なく、本システムを通じてまたは本システムに関連して行われる営利を目的とした行為、またはその準備を目的とした行為
(7)本システムを不正に使用する行為
(8)虚偽の情報を入力しまたは提供する行為
(9)第三者へのなりすまし行為
(10)本システムを利用して行った予約の無断キャンセル
(11)同一の食事時間帯における2件以上の本飲食店等の予約申込
(12)利用意思がないにもかかわらず本飲食店等の予約申込みを行う行為
(13)本システムを利用して取得した本飲食店等の予約枠を販売または提供する行為
(14)コンピュータウィルス等の有害なプログラムを、本システムを通じてまたは本システムに関連して使用し、または提供する行為
(15)本システムのリバースエンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブル、その他これらに準じる行為
(16)不正なプログラム・スクリプトなどを用いて、サーバーに負荷を与える行為
(17)法令に違反し、または違反するおそれのある行為
(18)競合分析もしくはベンチマークの目的で本システムを利用する行為
その他、エビソルが不適切と判断する行為

2.前項に該当する行為が認められた場合、エビソルは、何らの通知をなくして本システムの提供を停止する、利用者の将来の本システムの利用を禁止する等必要な措置をとることができるものとします。エビソルは、本項の措置により当該利用者に何らかの損害が生じたとしても一切の責任を負いません。また、利用者は他の利用者、本飲食店等、第三者もしくは弊社に損害を与えないよう細心の注意を払うようにし、万一、他の利用者、本飲食店等、第三者もしくは弊社に損害を生じさせた場合、すべての法的責任を負うものとします。

第7条(個人情報の取扱い)

1.本システムによる飲食店予約フォームにて利用者自身が入力する個人情報は、本飲食店等が、利用者からの予約の受付、確認、管理、及び利用者に対する本飲食店等の情報の提供を行う目的に利用します。利用者は、当該本飲食店等における個人情報の利用は、当該本飲食店等が定めるプライバシーポリシー等に従って行なわれるものであり、エビソルのプライバシーポリシーに従って行なわれるものではないことを予め了承するものとします。

2.利用者の個人情報の開示・訂正・削除・利用停止等に関しては、利用者が本飲食店等に直接問い合わせるものとします。

3.エビソルは利用者の個人情報を利用または保有することはありません。

第8条(著作権等の知的財産権)

1.本システムおよび本システムを通じて提供される全ての情報に関する知的財産権は、すべてエビソルまたはエビソルにライセンスを許諾している者に帰属します。

2.利用者は、エビソルの許諾を得ないでいかなる方法においても、本システムを通じて提供される全ての情報について、著作権法で定める利用者個人の私的使用のための複製の範囲外での利用をすることはできないものとします。

3.利用者は、エビソルの許諾を得ないでいかなる方法においても、第三者をして本システムを通じて提供される全ての情報について、利用・公開等させることはできないものとします。

4.本条の規定に違反して紛争が発生した場合、利用者は自己の費用と責任において当該紛争を解決するとともに、エビソル及び第三者に損害を与えないものとします。

第9条(本規約等の変更)

エビソルは、本規約を自由に変更できるものとします。エビソルが利用者に本規約の変更内容を通知し、当該変更内容の通知後、利用者が本システムを利用した場合には、利用者は、本規約の変更に同意したものとみなします。

第10条(本規約の譲渡等)

1.利用者は、エビソルの書面による事前の承諾なく、本規約に基づく契約上の地位または本規約に基づく権利若しくは義務につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、その他の処分をすることはできません。

2.エビソルは本システムにかかる事業を他社に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い本規約に基づく契約上の地位、本規約に基づく権利及び義務並びに利用者の情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、利用者は、かかる譲渡につき本項において予め同意したものとします。なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含むものとします。

第11条(秘密保持)

1.本規約において「秘密情報」とは、本規約に関連して、利用者が、エビソルより口頭、書面その他の記録媒体等により提供・開示され、あるいは何らかの方法で知り得た、エビソルの技術、営業、業務、財務、組織、その他の事項に関する全ての情報を意味します。ただし次のものは、秘密情報から除外するものとします。
(1)エビソルから提供・開示され、あるいは知得したときに、すでに一般に公知となっていたり、またはすでに知得していたもの。
(2)エビソルから提供・開示され、あるいは知得した後、刊行物その他により公知となったもの。
(3)提供または開示する権限のある第三者から秘密保持義務を負わされることなく適法に取得したもの。
(4)秘密情報によらず単独で開発したもの。

2.利用者は、秘密情報を本規約の目的のみに利用するとともに、エビソルの書面による承諾なしに第三者にエビソルの秘密情報を提供、開示または漏洩してはなりません。

3.利用者は、エビソルから求められた場合には、いつでも、遅滞なく、エビソルの指示に従い、秘密情報や秘密情報を記載または包含した書面その他の記録媒体およびその全ての複製物を返却または廃棄するものとします。

第12条(反社会的勢力の排除)

エビソルおよび利用者は、相手方に対し、自己が反社会的勢力でないこと、および資金提供その他を通じて反社会的勢力の維持、運営もしくは経営に協力もしくは関与していないことを保証します。

第13条(完全合意)

本規約は、本規約に含まれる事項に関するエビソルおよび利用者の完全な合意を構成し、口頭によるか書面によるかを問わず、当事者間の本規約に定める事項に関する事前の合意、表明および了解に優先するものとします。

第14条(分離可能性)

本規約のいずれかの条項またはその一部が、無効または執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定および一部が無効または執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有します。本規約の当事者は、無効もしくは執行不能の条項または部分を適法とし、執行力を持たせるために必要な範囲で修正し、無効もしく執行不能な条項または部分の趣旨、法律的および経済的に同等の効果を確保できるように努めるものとします。

第15条(準拠法および紛争解決)

本規約の準拠法は日本法とし、本規約に関する利用者とエビソルとの紛争については、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。

第16条(誠実協議)

本規約に定めのない事項が生じたときや、本規約の解釈に疑義を生じたときは、利用者とエビソルが誠意を持って協議し解決するものとします。