最近の飲食店予約のメインはウェブ予約。お店ホームページやグルメサイトでウェブ予約受付中のお店が、年々増えています。しかし、ウェブ予約の「受付期限」を戦略的に設定しているお店は、まだまだ少ないようです。

「受付期限」とは、来店の何日前まで予約をOKとするか?というもの。グルメサイトなどのウェブ予約受付期限を、「なんとなくギリギリだと怖いし、1日前〜3日前くらいにしておくか」と、適当に設定してしまっていませんか…?それって、実はとってももったいないことなんです。

今回は、ウェブ予約の受付期限をできるだけのばし、お店の集客力を高めていくためのヒントをお伝えします。

世の飲食店のウェブ予約「受付期限」をよみとく

まずはこちらのグラフをご覧ください。

ebica予約台帳を利用している飲食店の、予約受付期限(=予約のリードタイム)をグラフ化したものです。ここから読みとれることは…

  • 電話予約は、リードタイム=0日…つまり、当日予約がもっとも多い
  • ウェブ予約は、リードタイム=1日…つまり、来店1日前の予約がもっとも多い
avatar
飲食店オーナー
なんだ、けっきょくウェブ予約って、当日予約がすくないんじゃないか。
avatar
編集部
と、思いますよね。でも、これにはワケがあるんです。

そのワケとは、「ウェブ予約を当日OKにしている店舗が、電話予約にくらべて圧倒的に少ない」ということ。

2019年10月現在、ウェブ予約受付中のお店のうち、当日ウェブ予約をOKにしている割合はわずか15%にすぎません。つまり、「ウェブ予約だから当日予約が少ない」のではなく、「本当は当日予約のニーズがあるにもかかわらず、そもそも受付OKのお店がない」というのが事実。

ということは…当日ウェブ予約をしたい消費者はたくさんいるのに、それを受け入れる飲食店が少ないということ…もっとストレートにいうと、

当日ウェブ予約を受付OKにすれば「ライバルとなるお店が少ない状態で、当日ウェブ予約ニーズのある多くの消費者にアピールできる」

ということです。集客拡大を考えているお店であれば、これを利用しない手はありません。

ところで、当日ウェブ予約するのってどんな人?

よく言われるのは、つぎの2つのニーズ。これらのニーズ取りこみにピンとくるお店は、ぜひ当日ウェブ予約の準備を進めましょう。

サラリーマンの「今夜1杯」

3〜5名ほどのグループサイズが多め。当日、会社のパソコンやスマホを使って、テーブル席に空きがある飲食店を探すケースが多い。夕方、業務中にこそっと探すこともあるので、電話による空席確認はさけたいところ。

飲み会後の「もう1軒」

21時すぎ、大人数になることもしばしば。ある程度まとまった人数で席を確保しようとするため、空席のあるお店が見つけにくい。つまり、電話による空席確認はとっても手間!
これらのニーズ取りこみにピンとくるお店は、ぜひ当日ウェブ予約の準備を進めましょう。

avatar
オーナー
でも、当日ウェブ予約を受け入れていないお店が多いのには、なにか理由があるんじゃないの?
avatar
編集部
そうなんです。当日ウェブ予約をリスクなく運用するには、準備が必要なんです。

当日ウェブ予約を安心して受け入れるためにやるべきこと

予約台帳システム(予約管理システム)の導入は前提です。ウェブ予約受付には、専用の管理システムが欠かせません。そのうえで、準備しておくべきことがあります。それは、「正確な空席状況をリアルタイムで管理しつつ、当日ウェブ予約がお店の席コネクトルールどおりに自動登録される仕組み」です。

avatar
編集部
詳しくみてみましょう。

(1)正確な空席状況をリアルタイムで管理

当日の正確な空席管理は、多くの飲食店がつまずくポイント。当日は予約に加えてウォークインの管理もする必要があり、難易度がぐっとアップする…。当日ウェブ予約にふみきれない飲食店は、ほぼこの問題がネックになっているといってもいいでしょう。ウォークインを含むすべての着席情報を管理し、正確に「いま何席あいている」という情報をウェブ上に公開しなければ、ダブルブッキングのリスクがあるからです。

しかし、予約台帳システムへのウォークイン登録はとても手間…いそがしい営業時間中にかんぺきにこなすのは難しいといえます。そこで…

予約台帳システムとPOSを連携する

予約台帳システムのPOS連携をつかうと、ハンディでウォークイン客のファーストオーダーを登録するだけで、自動的に予約台帳システムに着席情報が登録されるようになります。これにより、予約とウォークイン、すべての着席情報を管理できるようになり、正確でリアルタイムな空席状況をウェブに公開できるというわけ。

なお、正確な空席状況の管理のためには「グルメサイト一元管理機能」の利用と、「電話予約の登録」は必須です。これに加えて「POS連携機能」を利用することが重要です。

※お使いのPOSや予約台帳システムによって、利用できる機能の内容が異なる可能性があるので注意。

(2)お店の席コネクトルールどおりに自動登録される仕組みの用意

当日ウェブ予約がはいったときに、いちいち予約台帳システムにてスタッフが配席していては、手間がかかってしまいます。これもまた、営業時間中にこなすことは現実的ではありません。また、効率よく配席されないと、大人数のまとまった予約がはいってこなくなる可能性も…予約を増やすための当日ウェブ予約なのに、予約棄損をまねいてしまうのはもったいないことです。

では、どのように対策するかというと…

予約台帳システムに席コネクトルールを登録し、自動配席機能をつかう

たいていの予約台帳システムには席コネクトルールを登録しておくことができます。できるだけ細かくルールをつくり、配席の優先順位をつけながら登録しておくのがポイントです。そのうえで、当日ウェブ予約がはいったときルールどおりに登録されれば、手間をかけることなく効率のいい配席を行うことが可能になります。

以上のふたつの対策をおこないつつ、あとはお店ホームページやグルメサイトにて「当日ウェブ予約受付OK」の設定をするだけ。グルメサイトでは空席検索にひっかかり、予約が入るようになります。お店ホームページの場合はできるだけ店頭などで「当日ウェブ予約はじめました」のようにPRをすると効果的です。

最後に

いまは、まだまだ当日ウェブ予約受付OKのお店が少ない状態。集客戦略はライバルが少ないうちにやりはじめると先行者利益を得ることができます。ぜひ、検討してみてくださいね!

お困りの場合は…

予約台帳(予約管理システム)導入のプロセスなど、お困りの場合はぜひ一度エビソルにご相談ください。飲食店集客に関するプロがアドバイスさせていただきます。 

関連するebicaの機能