ダブルブッキングは店舗集客の敵

今回は、ダブルブッキングがなぜ起きてしまうのか?
の要因を探りながら、起こさないためにできることを考えていきます。

多くの飲食店では、少しでも予約を増やすために、様々な経路からネット予約を受け付けていますよね。

当然、繁忙期には様々な経路からどんどん予約が入り、気をつけていてもダブルブッキングが起きてしまう… それが実態です。

どんな手段が一番ダブルブッキングを防ぐ効果が高いのか?リスクを最小限にしながら、ウェブ予約を伸ばせる方法をお伝えします

ダブルブッキングが発生しやすい条件

ダブルブッキングのリスクが最も高くなる条件は主に以下の3点です。

予約の管理者が複数人いる
予約管理を紙で行なっている
グルメサイトなど様々な経路からネット予約が入る

いくつ当てはまったでしょうか? 

2つ以上当てはまると、ダブルブッキングのリスクはかなり高まっています!

予約台帳システムを導入したら、もう安心?

先ほどの条件の中で、一番簡単に変えることができるのが、「予約管理を紙で行なっている」という部分です。
それでは、ここを予約台帳システムに変えればダブルブッキングは防ぐことができるのでしょうか? 

確かに、先ほども挙げた「予約管理を複数人で行なっている」場合などについては、予約台帳システムを導入することでリアルタイムに同じ予約管理画面を見ることができます。
そのため、誰かが取ったメモがいつもと違う場所にあって気がつかなかった!!!
などのミスを防ぐことは可能です。

もちろんそれだけでも大幅にリスクを下げることはできますが、まだリスクはかなり高い状態です。

必要なのは、「在庫連携機能」がついた予約台帳システム

予約連携の機能は、取り込みを行うだけで席在庫の調整はまでは自動で行わないため、席在庫の調整を行う機能が必要となります。

電話で入った予約を台帳に入力すると、自動的にグルメサイトの席在庫を減らしてくれる。 
キャンセルが入ったら、自動的に席在庫を開放してくれる。 

そこまで行える機能があれば、予約を減らすことなく、ダブルブッキングのリスクはほぼゼロにできます!!!

このリスクを最小化する条件をまとめると

予約管理を予約台帳システムで行い、全員で共有している
在庫連携機能つきの予約台帳システムを利用している
電話予約などを、タイムラグなく台帳入力できている

日々、注意しているだけではなかなか防ぎきれないダブルブッキングも、このような管理をするだけで、安心して予約受付できる環境が整います!

上記に当てはまることをまだ実施されていないようでしたら、今すぐ繁忙期に向けてはじめてみてはいかがでしょうか?

関連するebicaの機能

グルメサイト一元管理